Webデザイン奮闘記

Webデザイン未経験の管理人が、ゼロからWebデザイナーを目指す過程を描いたブログです。

 

どうもこんにちは、タツです!

 

突然ですが、プログラマーは大きく分けて、2つの種類があることをご存知でしょうか?

 

今回はこの事について書いていきたいと思います。

 SIerとWeb系

プログラマーは大きく分けて、上の2つの職種が存在します。

 

Web系とは、読んで字のごとく、主にWebサイトやwebサービスに関わる業務を担当するプログラマーのことです。

 

Webデザイナーも、この中に入りますね。

 

 

一方、SIerとはシステムインテグレーターの略称で、主に個別企業に対して情報システムを構築や企画を行うプログラマーのことを指します。

 

どちらかというと、公に公開する作品を作り上げるというよりは、企業のためのシステムを構築する仕事がメインになります。

 

職種の優劣はあるのか

月並みですが、これは完全に個人の問題だと思います。実際に現場で働いたこともないので、僕自身も優劣はつけられません……

 

ただ、一つ言えることは、2職種間でどのような違いがあって、自分はどちらを志望しているのかあらかじめ調べておくべきだ、ということですね。

 

やはり、業務の内容や方向性は異なってくるので、

 

いざ会社に入ってから後悔しないように

 

就職活動に入る前に、入念に下調べしておくことが大切だと思います。